知りたい東京の注文住宅の人気傾向

東京の注文住宅で人気が高まっているのは、自然志向の家です。東京のような大都市は自然が少ないので、せめて家の中では自然などの緑を感じたいという人が増えています。そのため注文住宅を作るときの資材には天然のものを使うようにする人が多いです。アレルギーが出ないように資材に細心の注意を払う人たちも増加中です。家を作るときに使われる接着剤や塗料が原因で、体調を崩す人が多くなっています。これはシックハウス症候群と呼ばれます。建売住宅の場合は、シックハウス症候群を避けにくい場合がありますが、注文住宅だったら、それを避けることは十分に可能です。特に小さなお子さんをお持ちの方は、自然志向が強くなっています。この種の家はぬくもりが感じられるので、仕事で疲れた心と体を癒してくれます。

東京で建てる場合にはどこに頼むか

注文住宅を建てる場合は、ハウスメーカーと工務店に頼む方法があります。自然志向の家は、どちらの業者も力を入れているので、頼みやすいです。ただし、予算が問題になります。ハウスメーカーに頼むと、家を建てる費用は高くなります。特に自然志向の家は高いです。家の建築だけで2000万円程度かかることがあります。これに土地代があるので、総額で5000万円前後になり、普通のサラリーマンには難しいことがあります。工務店に頼めば、費用は安くできます。東京には工務店の数は多いので、見つけやすいです。大きなところではなく、小さなところに頼めば、費用は安くなります。ハウスメーカーの費用より、30%程度から50%程度安くなることもあります。ただし、工事に時間がかかります。ハウスメーカーにくらべて、従業員の数が少ないからです。

1000万円台の家は建てられるか

東京のような土地代が高いところだったら、1000万円台の家を建てるのは容易なことでありません。しかし、それぐらいのお金で家を建てた人達もいます。できるだけ費用を安くしたい場合は、自然志向を少し見直す必要があります。家全体を天然の素材にしないで、子供部屋やリビングルームのみを天然の素材にするといった工夫をします。それから土地を狭くする必要があります。狭い土地は窮屈になりますが、空間を生かすようにすれば、窮屈な感じを解消できます。例えば、3階建ての家を作るようにします。安い家を作るときは、工務店の協力が必要です。安い予算で建築を請け負ってくれる工務店を探しましょう。インターネットを使えば、見つけやすいです。工務店任せにしないで、自分の家を作るプロセスに積極的に参加しなければなりません。