東京で注文住宅をお考えの方に役立つ情報です

東京で注文住宅を購入したいときはまず自分の住みたいエリアを決めてから、予算に応じた土地探しを行う必要があります。価格は安い方が良いですが、駅から遠いなどの交通の便の良くないところや、治安の悪いところを選ぶと、あとで後悔するので、必ず現地に足を運んで、周辺の様子を確認するようにしてください。学校や病院、役所などの施設がないと、いざというときに不便に感じますし、スーパーやドラッグストアなどの商業施設がないと、買い物が不自由になるので、それも調べておくようにしたいですね。住みやすい環境だとわかれば、次はその土地の相場を調べ、資金計画を立てるようにしましょう。土地代+建物代以外にも、電気やガスなどの工事費もかかりますし、引越し代も必要なので、資金計画を立てるときは、総合的にかかる費用を見積もることが大切です。

注文住宅の土地探しを行う際のポイントは

東京で注文住宅の土地探しを行う際のポイントは、希望の条件を絞り込み、期限を定めてから探すことです。不動産情報サイトには、毎日のように新しい土地や物件情報が掲載されるので、悩み過ぎるといつまでたっても決まることはありません。住みたいエリア、用意できる資金の額、周辺環境の良さなどの希望条件に、ある程度当てはまっているところが見つかれば、そこに決めるようにしてください。完璧に希望の条件に合う不動産というのはなかなか見つからないものなので、早く注文住宅を手に入れたいときは、多少の妥協が必要になります。また不動産の中には、古い建物が建っている、古家付きがありますが、これを手に入れる場合は建物の解体費用が別にかかります。再建築が出来ない可能性もあるので、購入前に必ず確認するようにしましょう。建築条件付きという土地もありますが、これは土地売主が指定する建築会社と、定められた期間内に建築工事請負契約を結ぶことが条件の土地のことなので、購入する場合はそれを理解しておいてください。

注文住宅を建てるときは信頼できる施工会社を探す

東京の希望のエリアに土地が手に入ったら、次は信頼できる施工会社を探さなくてはなりません。施工会社には、工務店、ハウスメーカー、建築家の設計事務所の3つがあるので、よく考えてから決めるようにしましょう。違いがよくわからない方もあるでしょうが、工務店というのは地域密着型で、昔からそのエリアで家を建てているところで、お客さんの細かい要望に気軽に対応できるのが特徴です。ハウスメーカーは、全国区で家を建てている大手の建築会社のことで、建築技術や材料が一定の品質を保っているので、安心して依頼することが出来ます。設計事務所に依頼した場合は、建築家が施主の希望を聞いて、独自のデザインで家を建ててくれます。注文住宅の建築をどこに任せるかは自由ですが、あとで後悔したくないなら、口コミの評判を調べてから選んだ方が良いでしょう。

ロングサポート60は、お客様のニーズ応えた60年間の長期定期点検システムです。 東京・埼玉・千葉のデザイナーハウスのPOHAUS。 60年以降も有償で、毎年10年毎の定期点検も行っています。 iサポートで、インターネット上で新居の施工状況が簡単に確認できます。 ライフスタイルに合ったデザイン性の高い設計をご提案できます。 日本の暮らしをデザインする、注文住宅・建て替えのポウハウス。 注文住宅を東京で注文したいなら